日々、困惑コンフューズ

好きなことをただマイペースに。居住区:2.5次元

とあるキスマイファンが重岡くんに転げた話

大晦日なので、今年起こった1番大きな出来事をブログにしてみました。

 

端的に言うと、玉森、横尾と担当を変えながらもゆるゆるなんだかんだ10年近くキスマイ担だった私が、藤北さえいればたぶん私この先ずっとキスマイ担だわとか友達に言っていた私が、2009年の重岡くんに心奪われ重岡担になったお話です。

いわゆる担降りブログになるのかな?

なるのかもしれないのですが、キスマイが嫌いになって降りたとかではなく、ほんとうに唐突に重岡くんに転げてしまい、気がつけば重岡団扇を作ってカウコンに向かっている私の現状が個人的に面白すぎたので、文字に残しました。

 


ほんと、重岡くんが現れてから毎日が楽しいです。

 

 

・そもそものきっかけ


今年の2月頃、お友達がHey!Say!JUMPの髙木雄也氏にはまったので、オフ会の時に一緒にBESTをあばけ を見ようと思い、過去の少クラを掘り起こしていました。

 

2009年。7年前。

みんな若いなー小さいなーとホクホクしながらザ少年倶楽部を見ていたわけです。ikmn世代と話題になった来年年男のあの方達は当時高校1年生。

ツルツルピカピカです。

 

当時の私は、限りある時を分かち合った君だからそうさ笑いあおうよあの日の未来でと、PLAY ZONE2009を、キスマイ担を謳歌していた真っ最中でした。

楽しかったね…キスマイの曲が音源化するってサントラワクワクしながら買ったね。Hairがカラオケで歌えるとか歌えないとかで色々一喜一憂したね。あのころHairばっかり歌うもんだからTRY AGAINとか爽やかな曲も歌ってよって文句言ったりしたね。

 

そんな話はいいんだ。

 

その翌月にあたる、09年8月の少クラも同じDVDにまとめて焼いてあったので、そのままの流れで見ていました。

飛ばし飛ばしで。

 

当時の私は、NYCでデビューした中山優馬くんがキスマイ担として羨ましくて羨ましくて、どうにもこうにも好きになれませんでした。なんでキスマイがしたくても出来ないデビューを彼はいとも簡単にしてしまえるんだって。

 

もちろん、彼が当時置かれていた状況や今日に至るまでの活動を鑑みれば羨ましいものではなかったと分かります。

 

ただ、その羨ましいという感情が邪魔をして余計に関西方面は見なかった気がします。

 

でもでも、今でもスカイハイ‼︎できるし、ななな愛じゃないななな夢じゃない恋を止めないでって踊れるので、曲はチェックしてたみたいですね。あの曲改めて聴くととても癖になるのでやっぱりジャニーズのデビュー曲ってすごい。

 

この時期はほぼ毎月きちんと少クラもみていたし、アイドル誌も毎月買っていたので顔なじみのあるメンバーがいっぱいいて懐かしさを感じながら見ていました。

 

飛ばし飛ばしで。

 

そうだ、千賀さんのウミガメの産卵もこの回だっだなって笑いながら。

 

そんな感じで、飛ばし飛ばしで、早送りをしながら何度目かのマウスをクリックした時、突然、画面上にとてもかわいい男の子が現れました。

 

その男の子は、当時羨ましくて仕方がなかったあの中山優馬君とお手紙書きましょうをしていました。

 

わぁかわいい!彼ってこんなにかわいかったっけ?!ほっぺたぽてぽて!!喋り方もぽてぽて!!!

えぇ?!何このかわいい生き物!!

 

そう。それが重岡大毅君当時16歳でした。

 

可愛さの衝撃で唖然としている間にも映像は進み、いつの間にか手紙のコーナーが終わっていて聞き覚えのあるイントロが始まり7WESTがDial up歌いだしました。

 

あーこの曲懐かしい!神ちゃんが!!頭黒い!!そういや、この曲初めて見たときBIが歌ってたからBIの曲だと思ってたんだよな!

とか色んな思い出やら感想やらが脳内を駆け巡りながらも、やっぱり画面の端々に映る重岡大毅(16)が気になって仕方がない

 

なんでしょう、全然エロさは感じないのに、溢れ出るダンスの色気がすごい。

 

思春期に少年から大人に変わる道を探していた汚れも知らないままの、この時期特有の色気が、まぁすごい。

 

え。重岡くんってこんな風に踊るの?!

そりゃRadioも壊れるわ!!徳永英明さんもびっくりだよ!!

衝撃に画面を食い入るようにみていると、流れてくる聞き覚えのあるイントロ。

 

あーっ!!懐かしーっ!!この曲も好きだったぁーっ!!振りつけがかわいいんだよジゴロイズム!!

 

と、懐かしさと先ほどの衝撃でテンションが最高潮に達した瞬間、画面いっぱいに笑顔の重岡くんが映りました。

 

その笑顔の可愛さと言ったら。

 

私の中の可愛いという感情が何かを突き抜けて頭が真っ白になりました。

なんで、こんな、かわいいベビーフェイスで、なんでこんなにころころ表情変わるの??

そしてダンスは色気たっぷりで??は??

 

 放心状態のまま長年の付き合いになる神山担のお友達に、ねえねぇ重岡君やばいんだけど、可愛いんだけどと呟けば、仕事が早い彼女はすぐにかわいい重岡君を送ってくれました。

その送られてくる画像がこれまた選りすぐりの可愛い重岡くんばかりで。

クレーンゲームの入り口付近でギリギリ引っかかっていた私は、ころりと簡単にひっかけられて落とされました。

 

今、Twitterのログを見直したら4年に一度しかない27日から28日の夜におちてましたね。

 

うるう年こわい。

 

 

・落ちた穴が予想以上に深かった話

 

そこからは、キスマイがデビューしてからほぼ全く見なくなっていた少クラ、2013後半~2015前半までをひたすら再生する日々でした。

ちなみに、ジャニーズJrは2012年ぐらいで止まってるわたしは、3日ぐらいかかって平野君と永瀬君の顔を見分けられるようになりました。

 

2009年のショタ岡君に落ちた、その頃の私の重岡くんに対する印象は残念ながら2013年→2014年の顔が死んでるカウコンで止まっているわけです。

2014年一発目にB.A.Dに挟まれええじゃないかを歌ってる姿を見かけてから重岡くんは何かとてつもない深いものを心に抱えている人というイメージがありました。
ゆるゆるキスマイを眺める傍らで時々見かける程度だったので、余計にそのイメージが払拭される機会がなかったんだと思います。

 

あ、あと映画版のBAD BOYSの役とか。めっちゃ暗かったし。

 

それが、いざ少クラを再生したらめちゃくちゃ表情がころころ変わるんですよね彼。

 

特にデビュー前後の、涙が出そうになるぐらいメンバーの眩しい笑顔が溢れてるなかで、特にキラキラして見える重岡くん。毎日毎日どれだけ何をみても可愛いくて可愛いくて仕方なくて、仕事から帰ってきたら寝るまでずっと昔の少クラから順に再生しました。

 

中でも、2014年夏in大阪の少クラは本当に何回もみました。
なんてったってソロ曲が可愛い。私もしげしげしげしげしたかったから重岡くんもっかいソロコンやって下さい。

 

そして、現在進行形でお世話になってる友人2人にステマして頂きながら、
おすすめを聞いて一発めぇぇぇぇぇぇぇを購入。思えば、キスマイと関係のないジャニーズの円盤を買うのがまったくの初めて。

 

推しは最近EDM サウンドに路線変更した9nine。好きな音楽はPefume。担当はキスマイ。
ピコピコ電子音がしない音から始まるライブが新鮮でした

 

ライブをみて180度変わった事はメンバーのイメージです


落ちた頃のジャニーズWESTさんの印象

・友達の担当グループ
・先輩の先輩の担当グループ(学生時代のジュニア時代の話)
・ジャニーズ界のでんぱ組inc的なポジションのグループ


・濱田さん→アクロバットができるなで肩の人

・桐山さん→こぶしが聞いてるキャラが濃い関西人、征三郎さん

・仲間さん→どSな運動音痴セレブ、ten出てた

・神山さん→友達の担当、頭皮が心配

・藤井さん→強めの天然でイケメン。妹さん方そろって美人

・小瀧さん→年齢詐欺でランドセル背負ってた子。ノンコタニシ

・重岡くん→すごい闇を抱えてる。そもそも彼がセンターって知らなかった

だったんですよ。
関西に住みながら関西の知識がほぼ皆無だったんだなぁと、いまこれ打ち込みながら改めて唖然としてます。


それが、一発めぇをみてから。


・濱田さん→器の広さ尋常ない。そして歌がめちゃくちゃ上手いしダンス丁寧で見惚れるし物凄く男前じゃないですか。秘めたる可能性無限大すぎてすごい

 

・桐山さん→子犬のような可愛さ。普段あんなにコテコテ関西人なのにこんなに可愛いってギャップがずるくない?かと思えば以外にいじられキャラなの?あ、そうなの?!

 

・中間さん→ショートヘアで耳かけって物凄くあざとい大好きなやつ…、そしてツッコミスキルがすごいな、頭いいんだろうな、え、でもMCではいじられキャラなの?!あ、そうなんだ?!

 

・神山さん→ステージ上で物凄くゴリゴリしてる、すごい北山宏光味を感じる。かっこいい惚れるしかない。なのにテディベアみたいな可愛さ感じるし女子力高くないですか…?

 

・藤井さん→イケメンやないかい。何ししててもどんな格好してても何喋っててもイケメンでかっこいいって初体験だから戸惑いしかない。なのにポンコツってどないやねん。バランス取れすぎだよどこまで完璧やねん。

 

・小瀧さん→え、まだ未成年(当時)なの?なのにこんな笑いがシュールなの?
というか大型犬な愛され最年少ほんっと可愛いな?!

 

・重岡くん→にこにこしてる。かわいい。歌うまい、腰使いけしからん。そしてかわいい。何あの生き物。なのにめっっっっっちゃうるさい。そしてメンバーとの距離感がおかしい!近っ!笑

 


全編見終わった後には、メンバー全員が愛おしくなっていました。


そして紆余曲折あり、重岡くんに転げてから1ヶ月経った3月25日
年度末で月末で週末という忙しいを極めた日に早退届を出し、初ジャニーズWESTのライブをキメていました。

 

当日、会社を出るのが1時間弱遅れたので京都→新大阪間を新幹線で向かった事は一生忘れないと思います。案外安くてまた使う日が来るだろうなって思いました。

 

何とか開演10分ほど前に会場に着き、自作の重岡団扇を持つ私。突貫工事で作ったので何回かしげのげの点々がライブ中に落ちたことも今となればよい思い出です。

 

初ライブは、仕事終わりの疲労感と初の生重岡くんという緊張で、終演後はおぼろげにしか記憶が残ってないというなんとも残念すぎる結果だったのですが、重岡くんがトロッコで目の前を通り過ぎた際、ほっぺたににきび?が出来ているのがみえ、

あ、重岡くんってちゃんと生きてるんだ。

と、思ったことがなぜだかいまでも鮮烈に残ってます。

 


・そして、降りた話

 

初ライブ参戦から数ヶ月経った5月。

その日の私は舞台ハイキューの大千秋楽公演のライブビューイングに参加していました。推し学校である青葉城西が活躍する内容だったので、その帰り道も花巻さんかっこよかったなー青城は最高だったとふわふわした思考で車を運転していました。

その時、ふと、そういや今年、私は担当であるはずの横尾さんにいくら使っただろうと思いました。

お金をたくさん払うことは担当の条件じゃないとは思うんですけど、愛情のバロメーターをはかる一つだとは常々考えておりまして。

その時の私は 振り返ろうとして、振り返るほどの記憶ながないことに驚きました。

横尾さんというかキスマイに全然お金使ってなかったんですよね。

 

私の人生の、1番多感な時期。思春期から社会人になるまでの大事な時期の、約半分を占めていたキスマイがいつの間にか私の一番じゃなくなっていました。

 

そのことに気がつき、もう1番応援したい人は横尾さんですと胸を張って言えないなと思い、いわゆる担降りを決断しました。

 

決断したものの、その後のことは何も考えておらず、1番では無くなってもキスマイの事は好きだったし茶の間からゆるゆる応援するのもいいかなと思っていました。


しかし、数少ない友人に横尾担降りることにしたんだ、という話をしたときに、え?重岡くんに降りるの?と声をかけられ、その時に、重岡担になってみる。という選択肢があることに気がつきました。

 

好きになった2009年の映像と、デビューして数年経った今の重岡くんではだいぶキャラクターか変わってるし、腰まで沼に落ちた原因のいっぱつめぇは2年前だし。降りても、ちゃんと好きでい続けられるのだろうか?という不安がありました。たかが自担。されど自担。色々かんがえました。

 

でも、あんなにころころ笑うかわいい人を1番に応援出来たら、きっと毎日楽しいだろうなと思ったんですよね。

 

重岡担って、なんだかおもしろそう。

 

そんな理由と経緯で、約10年近く続けていたキスマイ担を降り、わたしは重岡くんを応援することにしました。

 

まさか、自分がメンバーカラーレッドの関西人に落ちる日が来るなんて思ってもみなくて。

 

赤だよ?戦隊ものだったら主人公だよ?

歴代の担当カラーは黄色とオレンジ色だよ?

玉森さんと横尾さんだよ?黄色からオレンジだよ?

おいおい現キスマイのセンター玉森担だったんじゃないかとつっこまれそうですが、私が彼に転げたのは見切れた端っこで空中を見つめながら踊ってた17歳の彼なんです!!!!

 

視野を広げてみても、推しメンの9nine佐武宇綺ちゃんは紫だし、好きな漫画ハイキューのなかで一番好きなキャラクターは青葉城西高校3年WS花巻貴大だよ。最近はアニメの影響で瀬見さん瀬見さん言ってるけど!!!!

瀬見英太イケメンだからぜひ検索してみてください!!!
ピンサーなえーたくんくっそ泣けるから!!!!!

 

って話は置いといて、まさか、グループのセンターに落ちる日が来るなんて。

 

あと関西人ということ。
現在わたしも関西地方に住んでいるのですが、どうしても、アイドルの私生活を小耳に挟んでしまうんですよ。


○○くんは××線ユーザーだとか。
同級生が某くんと同じ学校に通ってたとか。
友達のお姉さんが某くんと同級生だったとか。

 

アイドルに夢をみていたいタイプのオタクなので、妙に近い距離感に何とも言えない感覚をぬぐえず、関西は一生はまらないだろうなって思ってたんですよ。

 

それが。コテコテの関西人への道を爆走している重岡大毅くん。

わぉ。

歴代の元担と比べてもよく喋るし、よく動くし、なんか他人との車間距離ならぬ人間?距離?が常に近いし。


人生何が起こるかわからないものです。

 


・後日談的なもの

 

上記は、今年の春夏頃に一心不乱に書き綴っていたものをまとめてみたので、いま読み直して手を加えながら、当時こんな気持ちだったなーと、しみじみしながらぽちぽち編集してます。

 

先日、ジャニーズWEST初の京セラドーム公演に参加し、本当に幸せな時間の中で私はメンバーのことを何にも知らないんだなぁと改めて痛感しました。

 

断片的には関西の歴史を見てきたので、STAY GOLDは踊れたり、Dial upで変な声が出たりはしましたが、会場からすすり泣きが聞こえて来た時に、ちょっぴり寂しい思いもしました。


それでも、ゆきだるまのペンライトを振りながらええじゃないかしてる最中に、私なりにも今年の2月から色んな事があったなぁと、感慨深くなったり。


私事ですが、重岡くんに出会ったころ、体重が激減したり、体調崩したりするぐらい職場が辛くて、毎日泣きながら布団に入っていたんですね。

もう何もかもが辛くて仕事を辞めようと思ってた時に、重岡くんに出会ってしまって。

 

いま、収入が断てば現場に入れない。重岡くんに会えなくなる。ここで職を失う訳には行かないと再奮起出来たのは彼のおかげです。
奇跡的に、辛かった原因が春に異動になったりして、今は無事に仕事を続けられているわけですが、色んな偶然が重なって今こうやって笑顔で大晦日を迎えられている事を思うと、重岡くんには心からの感謝しかないなぁとしみじみしています。

 


2016年きみに出会えて本当によかった!!

 

2017年もいっぱい君を知れますように!!